それNG!注意してほしいこととは?

脱毛する前にやってはいけないこと

脱毛サロンに行くと、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれる施術を受けることが多いです。いずれもメラニンに反応する光を利用して毛を取り除きます。ところが日焼けをしていると肌のメラニンにも反応してしまい、火傷をする可能性が高くなります。そこで脱毛するのであれば、紫外線を浴びないように気をつけたいものです。
これは脱毛サロンによっても違ってくるのですが、安全のためにも予防接種はやめておく方が無難です。なぜなら予防接種とは、免疫を作るためにあえて菌を入れます。そのため普段よりも体が弱っているので、脱毛をすると肌のトラブルが起こりやすくなるのです。もしも予防接種を受けたのなら、脱毛サロンに行くのは一ヶ月後にしておくと安心です。

脱毛後に避けておきたいこと

脱毛直後というのは、肌が熱を持った状態になっています。その時にアルコールを摂取してしまうと、血行が良くなって体温が上昇しますから、人によってはかゆみが出る場合があります。加えて肌が炎症を起こすこともあるため、肌の回復を早めるためにもお酒はやめて、栄養バランスの良い食事を意識しましょう。
脱毛をすると、一時的にもともと備わっている肌を守るためのバリア効果が薄れています。その状態で汗をかくと、毛穴が開き、そこに細菌が侵入してしまいます。普段なら問題なくても、脱毛後は細菌に感染する恐れがあるので、なるべく汗をかかないようにして、肌は清潔に保つようにしたいです。同様の理由で、細菌がいるかもしれないプールや海もやめておきましょう。